<< トラウマティックバースシンドローム その1 | main | お車でお越しの方へ >>

トラウマティックバースシンドローム その2

0
    JUGEMテーマ:子供の病気・怪我
    JUGEMテーマ:代替医療全般

    トラブルのない出産で赤ちゃんは健康だろうと思っていても、出産は赤ちゃんにとって肉体的にも精神的にも大きな試練であって、そのストレスは赤ちゃんに大きなストレスをもたらすと考えられます。


    身体的ストレス


    自然分娩では赤ちゃんは狭い参道を通り抜けなければならず、大きな圧迫を受けます。それは体のゆがみをつくるかもしれません。
    自分で呼吸をするようになります。また、誕生すると胎内とは全く違う環境で生きていかなければなりません。羊水の中に浮いていたのに、そうではなくなります。光や音の刺激も胎内と異なります。触られるという刺激も加わります。温度や空気も胎内とは異なります。


    精神的ストレス

    このような大きな身体的・環境的変化に適応するため、赤ちゃんの神経システムに負担がかかります。すべてが初めての経験であり心理的にも負担を受けると考えられます。

    これらのストレスは、体のゆがみをもたらし神経のシステムを影響することが考えられます。簡単にいうと、神経の働き(体内の情報のやりとり)がスムーズにいかずに交通渋滞している状態です。神経の働きが影響されると、体のそれぞれの器官のはたらきも影響されてきます。
    出産時のトラブル・赤ちゃん
    このようなストレスがもたらす体への影響

    神経の働きに滞りがあることは、さまざまな形で健康面に影響してきます。他にもさまざまな要因が絡みますが、健康問題の発症のリスクを高め得るでしょう。

    例えば、コリック(泣き止まない)・夜泣き・かんしゃく・よく風邪をひく・ぜんそく・アレルギー・多動・ADHD・不器用・よく転ぶ・睡眠困難・頭痛・頚部痛・腰痛・てんかん・チック・成長痛・斜頚・側彎 などの問題です。


    また、赤ちゃんの時ははっきり表れなくても、ゆがみがあるまま年月を重ねていくと、何年後何十年後に、腰痛・肩こり・頭痛・その他の健康問題となって’弱いところ’として表れる可能性があります。


    神経のはたらきを整えてあげると体の働きを高め、お子様の健やかな発育を促すことが期待されます。神経の働きを整えると、体の働きを高めるのでお子さまのお健やかな発育を促すことが期待されます。

    ですから、赤ちゃんは小児専門のカイロプラクターによって施術を受けることが望ましいです。


    ヘルシーライフセントラルのホームページ
    www.hlc-kiro.com



    posted by: ヘルシーライフセントラル | 小児カイロプラクティック | 19:53 | comments(0) | - | - |
    コメント