<< お子さんの誤飲事故にご注意を | main | 今日の富士山 >>

予防は治療に勝る

0
    こんばんは、小児カイロプラクターの臼田です。

    しばらく前になりますが、生後1ヶ月半過ぎの赤ちゃんが、右方向に向きぐせがあり頭の位置を変えてもすぐに戻ってしまうということで施術を受けにいらっしゃいました。見た目にははっきりしていませんでしたが、左右非対称の変形があり後頭部のふくらみは左の方が膨らんでいました。数回施術して、左側にも向けるようになってきていました。

    先日、その赤ちゃんが久しぶりにお母さんの施術のためお越しになりました。赤ちゃんの頭の形は見事にきれいな形に成長していました。スーパーで見知らぬおばさまに、頭の形がきれいな赤ちゃんね、と褒められたとのことです。

    頭の形を気にしてお越しになる保護者様は、「生後間もなくは頭の形はきれいだったけど、向きぐせがあり2-3ヶ月たったら気づいたら変形していた。」という方が少なくありません。

    予防は治療に勝る、ということわざは頭の形についても言えるでしょう。
    カイロプラクティックで身体の働きを整え向き癖を改善することは、赤ちゃんの頭の形の変形予防にもつながり得るでしょう。


    JUGEMテーマ:代替医療全般
    JUGEMテーマ:子供の病気・怪我
    JUGEMテーマ:赤ちゃん待ち
    JUGEMテーマ:ラブ マイベビー
    posted by: ヘルシーライフセントラル | 赤ちゃんの頭の形 | 20:00 | comments(0) | - | - |
    コメント