<< 頭のゆがみは大きくなれば治るでしょうか? | main | 赤ちゃんの頭の形:ヘルメット療法について >>

頭の形はこどもの発達に影響します

0
    JUGEMテーマ:ラブ マイベビー
    JUGEMテーマ:子供の病気・怪我

    赤ちゃんの時に頭の形にゆがみがあり心配していても、時が経つとハイハイし歩き、また、髪の毛が伸びて頭の形がカモフラージュされ、あまり形が目につかなくなるので、親御さんは子どもさんの頭の形を気にしなくなっていきます。 しかし、斜頭症は審美的な問題だけではなく、子どもの発達にも影響することが指摘されています。

    2006年にアメリカのオクラホマ大学の医学部で行われた研究では、110人の乳児を対象に斜頭症の乳児とそうでない乳児の発達を比較しました。斜頭症の児では知的発達、精神運動発達に遅れがある乳児が有意に多かったのです。また、斜頭症の児では秀でて発達している児は一人もいませんでした。

    ニュージーランドの頭蓋顔面専門クリニックで、100人の斜頭症の児と94人のそうでない児を比較した研究では、発達の遅れがある割合は斜頭症の児の方が2.28倍高かったです。

    また、アメリカのシアトルとワシントンでは頭の形のゆがみが残っている児の親に協力を依頼し調査したところ、斜頭症の児63人中25人(39.7%)が小学校の学習において特別学習の補助、言語・作業・理学療法などの特別支援を受けていました。この割合は斜頭症でない兄弟たちが支援を受けている割合(91人中7人の 7.7%)に対して極めて高かったのです。

    頭蓋骨は脳の容器ですから、頭の形は重要です。 また、近年では顎関節の非対称な発達が斜頭症に続いて起こるという報告もあります。噛み合わせは頭痛や首の痛みなど全身のアンバランスや不調にも関わってきます。 赤ちゃんの頭の形のゆがみが気になったら、すぐにご相談ください。



    ヘルシーライフセントラルのホームページ
    posted by: ヘルシーライフセントラル | 赤ちゃんの頭の形 | 15:30 | comments(0) | - | - |
    コメント